費用の考え方が大切!信用取引を始める注意点

信用取引の魅力とは何か

株取引による投資を行う方法として現物で行うのが一般的だと考えるかもしれません。しかし、方法として信用取引もあることを知っておきましょう。信用取引は株を購入するための費用を金融機関から借り入れて購入することにより、株の売買を行って投資する方法です。資金が十分になくてもスタートできるのが魅力となります。また、売りから始めることもできるので、株価が下がると予想されるときにも投資ができるのは信用取引のメリットです。

信用取引にかかる担保の費用

現粒取引を行う場合とは異なり、金融機関からお金や株を借りることになるのが信用取引の特徴です。そのために余分に費用がかかることは覚えておきましょう。借りるからには担保が必要であり、取引に利用する金額のおよそ30%に相当する担保を用意しなければなりません。これは現金でも株でも構わず、保証金などという名前になっている場合もあります。ある程度の担保がなければ金融機関としても損失があるリスクを考えなければならず、貸すのは難しいのです。

費用としてかかる金利

お金や株を借りるからにはその金利も費用としてかかります。お金か株かによって違うだけでなく、制度信用取引か一般信用取引かによっても金利は異なるので注意しましょう。制度信用取引の方が信頼性が高い点から金利が低めになりますが、銘柄数で言えば一般信用取引の方が多くなります。また、金利は金融機関によって差があるのでどの金融機関で信用取引を行うかはよく吟味してから始めるようにしましょう。利益を生めるかどうかに大きな影響を与える要素です。

信用取引の費用は、手数料と金利の合計です。手数料が高い会社もあれば、手数料が安い一方で金利が高い会社など個性は様々です。自分に適した費用バランスの会社を選びましょう。