どうやったら転入できるの?高校の転入手順や試験について

自分に合った転入先を選ぶ

家庭の事情による引っ越し、特別な事情や前向きな考え。いろんな事情で別の高校に転入する必要がある場合、どうしたらよいのでしょうか?公立高校の場合は希望する転入先の高校に欠員が出なければ転入することは出来ません。なので必ずしも希望する高校に転入できるとは限らないのです。あと考えなければいけないのが偏差値です。自分の実力以上の高校を選択した場合、転入の試験で落ちてしまう可能性もあるんです。転入後の事も考えて、しっかりと自分に合った高校を選ぶようにしましょう。

転入を決めたら何から始めれば良いのか

もし自分の事情で転入を決めた場合、まずやらなければいけないのが親の説得です。親の協力がなければ転入は難しいです。正直に事情を話し、親にも協力してもらいましょう。そしてその次は担任の先生に伝える事です。転入手続きをする場合、教育委員会への相談や確認が必要となります。担任の先生に協力してもらいましょう。転出や転入のいろいろな手続きがありますが、これは担任の先生や進路担当の先生がやってくれるので、先生の指示に従うようにしてください。

転入学考査と呼ばれる試験があります

一般的に別の高校に転入する場合、転入学考査と呼ばれる試験を受ける必要があります。これは国語、数学、英語の筆記試験と面接です。もしも転入を希望する高校が人気がある場合、もしくはたまたま他にも希望者がいた場合は、必要な点数を取るだけでは確実に受かるとは限りません。ですから自分の学力よりも偏差値の低い高校を受けるのが一般的です。それでも心配な場合は、その高校の過去の試験問題を参考にしたり、面接の練習をして、万全の準備をしておくことが必要です。

高校転入とは、高校の途中で別の学校に転入することです。前の学校の成績や出席日数に応じて、転入する学年が決められます。