信用取引を利用してトレードの幅を広げていこう!

株価が下げていても儲けられるチャンスがある!

株式相場は上昇している時は儲けのチャンスが多くて景気のいい話も多いですが、一度下落相場になると儲け辛くて厳しい状態になります。しかし、信用取引という制度を活用すれば、株式相場の下落局面でも稼げるチャンスがあります。というのも、信用取引では空売りという手法で取引を売りから始めることができるからです。このように、信用取引を活用すれば、買いと売りの両面で取引できるため、信用取引をやってない人に比べて取引の幅が広がる分、有利になります。

手持ち資金以上の取引ができる!

信用取引を利用すると、自分の手持ち資金の約3倍の額の取引ができます。これはFX取引のレバレッジと同じ性質のものです。株の場合、最低取引単位の価格がかなり高いものもあるため、手持ちの資金だけでは満足できる取引ができない場合があります。そんな時に信用取引を利用すれば、自分の欲しい銘柄を手に入れることができます。ただし、信用取引で得たポジションが大きな含み損を出した場合、証券会社から追証を請求されることがあるのでその点は注意が必要です。

株主優待をお得にゲットできるチャンスあり!

最近、信用取引で注目されている手法が株主優待をお得にゲットする方法です。これは、株主優待の権利付き最終日に合わせて現物の買い注文と信用取引の売り注文を同時に出し、翌日の権利落ち日に信用売りのポジションを決済するという手法です。このやり方は貸株料などの手数料はいくらか発生しますが、それを上回るだけのメリットが株主優待にあれば、それほどリスクもなく稼げる手法です。証券会社でも特集のページを組んでおすすめしている場合がよくあるので、こういったものをチェックしておくことも大切です。

信用取引の大切な点とは、うわべだけの情報に流されず、自らが得た情報を第一に、相手方の信用について判断する事です。