クレジットカードのいい所と悪い所気をつける所を紹介します

クレジットカードを持つとお得

クレジットカードというのはとても便利なものです。カードを持つことができればそれだけで持ち合わせがないときなどでも小銭いらずで買い物をする事ができます。それに今の時代のクレジットカードは、ポイント体勢がとても充実しているのでカードで買い物をすればするほどポイントがたまるのでお得なのです。小銭要らずでお買い物ができてポイントもたまるなんで素敵ですよね。ですがそんな便利なものには必ずリスクが伴ってきます。

カードを使用するリスク

そのリスクというのは、カードを知らない人に悪用されてしまう可能性があることです。悪用されやすいのは、通販などでの買い物をカードで決済した際に、ネット上に自分のクレジットカード情報を記入しますよね。その情報を次から楽に買い物できるからという理由で登録してしまうとその個人情報がもしも流出してしまった時に大変な事になります。そうならないようにするにはカード情報は登録しないで毎回自分で設定するというのがいいでしょう。

より安全に買い物をする為に

もしそれを恐れるのであれば、通販サイトなど相手と面を合わせていない場合の買い物はクレジットカードではない方法を選んで、きちんと店頭など店員さんと顔を合わせている時のみカードを使うという考え方もあります。その方がより安全でしょう。今はよりカードの使用を個人情報など確率させる為にカード番号以外にもセキュリティー番号というのが裏面に記載されていますが、その番号も通販などで記入する買い物の場所もあるので、そういった場合にも気をつけましょう。

決済代行サービスは手数料を払い代わりに決済をしてもらうサービスです。メリットとしては決済方法が増えることです、例えばコンビニ、携帯料金支払い、電子マネー、クレカなど、中小企業では難しい決済が出来ます